Nomson Goodfield
+ composer
+ songwriter
+ singer
+ rhythm guitar player



twitter

facebook

You Tube
BLOG

■20180902

涼しい
猟奇的に涼しい
季節の変わり目は風が北から吹いたり南から吹いたりする
外飲みしてると風が吹くたびに蚊取り線香を右に左に忙しい
でもまったく苦じゃない
涼しさは正義

作業部屋に新しいベッドを買った
今のは中学から使ってたやつ
汗も涙も(ほぼ汗)染み付いててきったなかったからいい加減
長い間お疲れさん

テレビでアメトークがあってたから見た
念願だったキャンプ大好き芸人
ジュニアさんが中村達也さんのブランドGAVIALのツナギ着てて欲しくなった
今月24日のライブに大石さんが帰って来るんだけど「数日前乗りするからキャンプ連れてけ」と
音楽も好きだしバイク乗りでもある彼に、踏み入れてはいけない極楽を教えてあげたい
雨降らなかったらね



■20180901

とにかく薪を割りたい
出来れば窓も割りたい


中学2年の夏休み
友だち5人で学校に忍び込もうと夜中に集まった
肝試し兼暇つぶしだった
その中の1人が、鍵のあたりのガラスをガムテープ貼って割れば音も無く簡単に入れるよと言ったので別の友人がガムテープを持って来た

コンビニで合流したのち学校の駐輪場で作戦会議
一階から入って階段を登り、二階の渡り廊下を渡った職員室の前のホワイトボードに『お前たちの秘密はすべて知っている by怪盗ルパン』と書こうというわけの分からない作戦が決まった

断っとくが俺を含めこの話の全員が不良でもなんでもない普通の中学生
何もない田舎の町は思春期のガキにとって本当に死ぬほど退屈だった

そしていよいよ決行の時
だがこれからという時になって1人の子がボソッと
「あそこに居るの誰?」と校長室前の廊下を指差した
俺が目を凝らした瞬間、そこにいた友人全員が一目散にチャリで逃げ出した
もちろん俺もみんなに続いたが、怖いとかいうよりもただ仲間外れにされるのが嫌でペダルを漕いでた

到着したさっきのコンビニで話を聞くと、見たこともない女の人がこっちを見ながらまるでスケボーに乗ってるみたいに廊下をスーッと移動してたらしい

みんなの言ってた事が本当だったのか、はたまた俺をビビらせるために俺の知らないとこで話を合わせてたのか
今となってはもう分からない
ただ俺はあの時のことを鮮明に覚えてる
そしてなにより、あの時たった1人でも確かめにいけばよかったなと今でもずーっと後悔してる

窓を割ったことがない
夜中の学校をスケボーで移動する女の人を見たことがない
この二つが解決されないまま
37回目の夏が終わろうとしている



■20180831

いろいろうっとーしいなとか思ったけど、夜中に大石さんが送って来てくれた曲がクソカッコよかったからどーでも良くなった
マジであの人にはソロアルバム作って欲しい
いろんなジャンルが入ったやつ
5曲でもいいから

急募



<< | 3/385PAGES | >>



Page Top