Nomson Goodfield
+ composer
+ songwriter
+ singer
+ rhythm guitar player



twitter

facebook

You Tube
BLOG

■20190206

ずっと思ってる事があるんだが、音楽にも『お題』を設けたらどうだろ
今年のお題はこれ!みたいなのを国家レベルで一つ設けて、それに対していろんなアプローチでいろんなアーティストや作家が楽曲を発表する
そのお題に対して一番バズらせた曲を書いた人や、音楽やってない人でもお題を出した人がチャートやグラミー的なとこで課題曲部門っていう項目で評価されるとこがあればなお良い
表現ってもんの個性が如実に出てめちゃ楽しろくね?
そんで逆にそーゆーのを設ける事でそんなもんをクソだって言うANTIもより活性化すると思う
学生服があるから個性を出すのに必死になる的な

てゆーのも、俺中〜高校時代吹奏楽やってたんだけど毎年一回吹奏楽コンクールっつーのがあったんだよね
そこでは課題曲を3〜4曲の中から一曲、自由曲(好きな曲)一曲をそれぞれ演奏してそのスキルや表現力を競うんだけど、自由曲よりもそれぞれの学校が選んだ課題曲をどんなアプローチで演奏するのかがすごい面白くて「へぇここ抑えるんだ」とか「こう編集したんだ」とか毎年楽しみだった
まぁあれは既存の曲をどう演奏するかってゆージャズ的な要素もあったけど、既存の曲ではなく『テーマ』としてどう解釈するかって事に置き換える感じ

昨今、シーンってもんの垣根がなくなった事で生まれた良さはめちゃあるけど、音楽から少し距離がある人らが分かりづらくなった部分もあると思う
課題を作る事で新たな発見とか楽しみ方、批判の対象が見つかれば音楽の「楽しみ方」っていう選択肢が一つ増えそうな気がするんだよな

個人的にはそれを設けたことで生まれるANTIがどんなアプローチでどんな曲を発表してくるのかが一番興味あったりするんだけど






Page Top