Nomson Goodfield
+ composer
+ songwriter
+ singer
+ rhythm guitar player



twitter

facebook

You Tube
BLOG

■20181118

俺は『共感』って言葉があまり好きではない
その言葉からはどこか軽々しい『ノリ』のようなものを感じてしまう

どんなに分かり合えたもの同士でも俺のコレはあんたにゃわからんし、あなたのソレを俺なんかが理解出来るとは到底思えない
根本で
感動も悲しみも喜びも苦労も結局その本質はその人にしかわからんし、それを誰かと『共感』なんて言葉で落ち着かせる必要ねーんじゃないかな
「なるほどね〜。俺は違うけどあなたの言いたいことはわかった」
それでいいと思うんだよね

大事なのって共感なんかじゃなくて『許可』なんじゃないかな
許可っていうと上からな感じあるけどそんな上とか下じゃなく
あなたがあなたの、俺が俺の世界から見るといくら誰かの為に生きてたって結局自分が主人公にならなきゃいけないわけ

もっと自分の捨てられない崇高なものを大切にしていてほしいし、誰かのそういうものを認めてあげてほしい
その上で互いの違いを理解し合うものは、共感じゃなくて許可、許し合うってことなんじゃないかな

なんか最近よく思うんだよな






Page Top